「Ⅴ.お知らせ」カテゴリーアーカイブ

「ご希望の担当者」を選べるようになりました

「働けない子どものお金を考える会」のファイナンシャル・プランナーにご相談を希望される際は、このサイトの お問合せ 画面から申し込むことができます。
ご相談の申込み画面に、「ご希望の担当者」の選択欄ができました。
ご相談の際には、選んだ担当者が応対いたします。状況によっては、ご希望とは別の者が担当することもありますが、ご容赦ください。特に希望がない場合は「特になし」を選ぶこともできます。

ファイナンシャル・プランナーに相談をしたことがない方がほとんどだと思います。それだけに、少し不安があるかもしれません。ご家庭の状況を恥ずかしいと考える方もいるかもしれません。
でもご安心ください。多くの方が「勇気を出して、相談してよかった」と言われます。
ご相談料は、1時間につき1万円(別途消費税)。その後は30分ごとに5,000円(別途消費税)となっています。担当者によっては別料金で、将来の資金状況を見通す「キャッシュ・フロー表」の作成を承ります。(面談場所によっては、交通費がかかる場合があります。)

コロナ禍でも、ご相談のご依頼は続いています。Zoomなど、インターネットを介した面談も増えていますが、依然として直にお会いしてのご相談も少なくありません。やはり、直接お会いすることで得られる安心感は小さくないようです。

私たちのメンバーの面談場所は、東京・神奈川と京都と、偏っています。一方、お子様の将来が心配で悩んでいる方は全国にいます。
私たちもコロナ禍を契機としてZoom、skypeなどのオンラインでご相談できる体制を拡充しています。このおかげで、面談での接触を減らすだけでなく、地方や遠隔地の方もご相談がしやすくなりました。郵送でのご相談もやっています。もちろん、直接お会いしてのご相談も、感染対策に配慮しながら継続しています。

私たち「働けない子どものお金を考える会」は、会社やNPO法人などの団体ではなく、有志のファイナンシャル・プランナーが個人で集まって、ご相談の体制を運営しています。
メンバーリストそれだけに、統一された方針があるわけではありません。しかし、それでも基本的な考え方にそれほど違いはありません。働けないお子様やご家族の状況を尊重しながら、どうしたらできるだけ良い人生を送ることができるかを、家計の面から考えます。
ご相談場所やご相談方法から、ご都合のよい担当者を選んでください。迷われたら「特になし」を選んでいただいて構いません。

担当者の雰囲気を見たい場合は メンバー紹介 をご覧ください。

 

2021年4月25日webセミナーのご案内(無料)

こちらのセミナーは、盛況のうちに終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

メンバーの村井が講師をする、オンラインセミナーをご紹介します。
誰でも参加でき、受講料は無料ですので、ぜひご参加ください。
(働けない子どもに関する内容ではありません。)

4月25日(日)の午後5時からです。

テーマは『FP視点で見る介護&葬儀・相続』

昨年に体験した、父親の介護、そして葬儀と相続を、身内の恥をさらして材料にします!
体験したからわかった、一般的な説明とはちょっと違った内容です。
親がまだ生きている方は必見です!?
介護や相続に関心のある方にも参考になるはずです。

主な内容:・やっかいなのは、認知症だけではなかった
     ・私は容疑者になった
     ・生命保険のメリットはウソだった


【NPO法人 わぁくらいふさぽーたー 第3回 オンラインセミナー】

●開催日時:2021年4月25日(日)PM 5:00〜6:30(PM 4:50開場予定)

●タイトル:『FP視点で見る介護&葬儀・相続』

●講師:村井英一(ファイナンシャル・プランナー)

●場所:Zoomを使い、オンラインにて開催します。
PC、タブレット、スマートフォンなどをご用意の上、インターネット環境が整った場所でご参加ください。
   ※メール内容を確認後、参加申込受領の返信とともにZoomのアクセスURLをお伝えします。

●参加費:無料

●参加対象:どなたでもご参加いただけます。

●お申し込み方法:下記の必要事項を明記の上、 
 info@work-life-supporter.org
 までメールをお送りください。

●必要事項
・お名前(漢字・ふりがな)
・お電話番号(当日の接続不具合等があった時のため)
・メールアドレス
・4/25オンラインセミナーに参加希望である旨添えてください。

※Zoomが初めての方、不安な方は、事前に接続テストも承りますので、ご希望の方は合わせてご記入ください。

●主催:NPO法人わぁくらいふさぽーたー

新版『ひきこもりのライフプラン―「親亡き後」をどうするか』

出版されたのが昨年(2020年)4月ですので、今からご紹介するのも遅いのですが、今までご紹介していませんでしたので、この機会にご紹介させていただきます。
岩波ブックレット『ひきこもりのライフプランー「親亡き後」をどうするか』が2012年6月のことでした。当時はまだ、今ほどにはひきこもりが知られてはおらず、一部の若者の現象と思われていました。ひきこもりが、40代、50代になっても続くということが認識されていなかったのです。

ひきこもり支援の第一人者である精神科医の斎藤環氏と畠中雅子の共著で、読みやすいブックレットという形で出版されました。筑波大学の齋藤先生による「ひきこもりの理解と対応」で支援の考え方を説明し、畠中の「ひきこもりのライフプラン」で生活設計の方法をご紹介しています。
生涯、就業しないで生きていく、というサバイバルプランの考え方が、初めて紹介されていました。それまでは、ひきこもり支援といえば、「就業すること」が目標にされがちでしたが、あえて就業しないライフプランが提示されました。けっして回復をあきらめるのではなく、「なんとかなる」という安心感を持つことが社会へと踏み出すきっかけになるという考え方です。

新版「ひきこもりのライフプラン」2020年4月に、内容を一部改訂して「新版」として再び出版されました。基本的な考え方は同じで、最近のトピックスが加えられていますので、これから読む方はこちらを購入されてください。「ひきこもりのライフプラン」の章では、「家族信託」が加わりました。親亡き後の財産管理の手法として、注目を集めています。

ブックレットですので、ページ数は112ページと少なく、価格は720円(税別)。簡単に読めますので、ぜひご覧ください。
※旧版と間違わないように、検索する際は「新版ひきこもりのライフプラン」と入力されてください。
アマゾンでの購入はこちらから

掲載雑誌のご案内2020

雑誌「臨床心理学 120」に執筆しました

メンバー村井英一の記事「ファイナンシャル支援」が、金剛出版の雑誌「臨床心理学 120 第20巻第6号」に掲載されました。

金剛出版は、心理学関係では名の知れた出版社です。そこが出版する「臨床心理学」は、臨床心理士や研究者にとっては定評のある雑誌です。隔月の発行となっており、2020年11月号の特集は「ひきこもりー就職氷河期からコロナウイルス時代を見据えた全世代型支援」でした。
臨床心理士や研究者など20人もの記事が掲載されており、ひきこもりの支援についてさまざまな面からの提言があります。その中の1つ「ファイナンシャル支援」を、私たちのメンバー村井英一が執筆しました。
表やグラフを交えた解説で、経済的な面から、ひきこもりの子どもが親亡き後も生活していくために、利用できる支援策を紹介しています。

この雑誌は、臨床心理士や研究者などに向けて作られているものですので、一般の方には読みにくいかもしれません。しかし、多くの研究者や現場で実践的に対応している第一線の支援者によって、多面的に論じられていますので、ひきこもりの支援に関心がある方にはぜひ読んでいただければと思います。

金剛出版
「臨床心理学 120 第20巻第6号」
境 泉洋 編
定価1,760円
こちらで購入ができます。⇒アマゾンサイト